働く側から見た風俗店

>

風俗店で働こうと思ったら選ぶ基準は何になりますか

街中で見る求人広告

まずは働いてみたいお店を探すのに、街中で見かける求人広告の看板がありますね。風俗店からの直接の求人ではなく、どちらかというと夜のお仕事の求人を集めたサイトの広告のように思われます。そのサイトを覗いてみれば求人広告がたくさん出ているはずですよね。ほかには繁華街でそういうお店からスカウトされるということもごく稀ですがあるでしょう。

これは求めている人材と求められている人材が釣り合うかどうかは全く分かりませんし、職を求めている側としてはあまりにも確率が低すぎて、効率が悪いですね。

あとは自分から直接お店側に働けないか聞いてみるという手もあります。お店の発信しているホームページなどには当然電話番号も載っているので、そこからアプローチするという手ですね。

応募先の情報収集

働いてみたい、応募してみたいお店が見つかったなと感じられた後は、そのお店が自分を迎え入れてくれるための体制が整っているかどうかを調べてみましょう。その時の判断基準が、働く側から見た、良い風俗店とはどんな店なのかということではないでしょうか。お客様に見られる商売になるので、見られても変に思われないだけの、またその店の雰囲気に合った衣装や備品をそろえることになりますが、そのための準備を自分でやらなければならないとなると働こうとする理由が金銭面的なことであれば、なかなか自分で用意することは難しく、簡単に入店したいとは思わないですよね。着飾るための衣装や、そのほかの働くために必要な備品を用意してもらえるかどうかのチェックは必要でしょうね。


この記事をシェアする

TOPへ戻る↑