働く側から見た風俗店

>

自分が働きたいお店を見つける

最後で最大のリサーチ

どんな仕事もやってみなければ実際のところはわからない、入ってみて初めて実態が分かるものではあります。しかし、入ってからの後悔、こんなはずじゃなかったという気持ちが出ることをできるだけ少なくするための努力は必要だと思います。そのためには実際に働いている人と接触して、話を聴けることが一番ではありますが、それはなかなか難しいと思います。ではどのようにして働き始めた後の様子を知ればいいのでしょうか。
先ほど「難しいです」と言ったばかりですが、それだけが知る方法だと思います。お店の前で出入りする従業員だと思われる人に直撃することが一番手っ取り早いかもしれません。もし誰かに紹介してもらって応募しようというのなら、その紹介者を通じて、話が聞けそうな人を教えてもらえるようにするといいかもしれませんね。

一番働きたい場所を決める

様々な情報を集めて、その内容を精査して吟味して、自分が一番働きたいと感じるお店に入るのでしょう。何が決め手になるのかは人それぞれ、いろんな理由があるのでしょう。その時にどんなリサーチが一番いい情報(決め手になった情報)は何だったかをよく思い出してみたりすると、自分が何をこの店に求めて働こうとしているのかがはっきりわかるのではないでしょうか。そういった理由であっても、なくても初めに仕事に必要な衣装やアクセサリーなどの備品が用意されていたら、それは自分の一番の理由にプラスして、そのお店を選ぶことの後押しには確実になるでしょう。雇う側がそのことをよく考えて、ケチるのではなく、お店の発展と安定のためだと考えて投資を行ってくれる、そういったお店が増えれば、働く側の選択肢もより広がり活性化するのではないでしょうか。


この記事をシェアする

TOPへ戻る↑